Heavy Watal

pip — パッケージ管理

古いPython (3.2以下) ではパッケージ管理のために 外部ツールを別途インストールする必要があった(結構多くて複雑…)。 Python 3.4 以降では venvensurepip が標準ライブラリに入って少しマシに。

最近では、Python本体のインストールからパッケージ管理までぜーんぶ Anaconda に任せるのが主流になりつつある。 そのため本記事はほぼ無用に。

Installation (Python 2)

  1. ベースのPythonインタープリタをひとつ決め (例えばOSに標準装備されてる /usr/bin/python)、 それを使って setuptools をインストール:

    % curl -O https://bitbucket.org/pypa/setuptools/raw/bootstrap/ez_setup.py
    % /usr/bin/python ez_setup.py --user
    
  2. 続いて pip をインストール:

    % curl -O https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
    % /usr/bin/python get-pip.py --user
    
  3. Macなら ~/Library/Python/2.7/ 以下に、 Linuxなら ~/.local/ 以下に上記のライブラリがインストールされるので、 その中にある binPATH に追加する。

  4. pip を使って virtualenv をインストール:

    % pip install --user virtualenv
    

Usage

venv / virtualenv

Doc
http://www.virtualenv.org/
PyPI
http://pypi.python.org/pypi/virtualenv
Python3
http://docs.python.org/3/library/venv

Python実行環境を仮想化するパッケージ。 これで作った仮想環境内で pip を使ってパッケージ管理する。 Python 3.3 以降では venv が標準ライブラリ入りしたので virtualenv は不要になった。

ensurepip

Python3
http://docs.python.org/3/library/ensurepip

pip を自動インストールするための公式ライブラリ。 手動でも使える:

% python3.4 -m ensurepip -h
% python3.4 -m ensurepip --upgrade

pip

Doc
https://pip.pypa.io/
PyPI
http://pypi.python.org/pypi/pip

PyPI からのパッケージのダウンロード、ビルド、インストールを 簡単にできるようにするツール。 アンインストール機能の無い easy_install に取って代わり、 現在では公式推奨となっている。 Python 3.4 以降では標準ライブラリの ensurepip によって自動的にインストールされる。 setuptools に依存している。

setuptools

パッケージ管理・作成の基本となるライブラリ。 コマンドラインツール easy_install はこれの一部として含まれているが、直接使うことはない。 (pip を使う)

See also “setuptools — Pythonパッケージ作成”

Website
http://pythonhosted.org/setuptools/
PyPI
https://pypi.python.org/pypi/setuptools/

distribute

setuptools の改良版としてしばらく利用されていたが、 その成果が setuptools にマージされたのでもう使われない。

Website
http://packages.python.org/distribute
PyPI
http://pypi.python.org/pypi/distribute

関連書籍