Heavy Watal

pip — パッケージ管理

古いPythonではパッケージ管理のためにツールを別途インストールする必要があった。 Python 3.4 以降では venvensurepip が標準ライブラリに入って少しマシに。

科学技術系の利用だけなら、Python本体のインストールからパッケージ管理までぜーんぶ Anaconda に任せるのが楽ちんらしい。 その場合 pip を混ぜて使ってはいけないので、本記事はほぼ無用。 ただし、環境を汚したりAnaconda特有の不具合が出たりするので私は使わないしオススメもしない。

pip

PyPI からの簡単にパッケージをインストールできるようにするツール。 アンインストール機能の無い easy_install に取って代わり、 現在では公式に推奨されている。 Python 2.7.9以降、3.4以降では標準ライブラリの ensurepip によって自動的にインストールされる。

venv / virtualenv

Python実行環境を仮想化するパッケージ。 これで作った仮想環境内で pip を使ってパッケージ管理する。 Python 3.3 以降では venv が標準ライブラリ入りしたので virtualenv の個別インストールは不要になった。

仮想環境を作る:

python3 -m venv [OPTIONS] ~/.virtualenvs/myproject

仮想環境に入る、から出る:

source  ~/.virtualenvs/myproject/bin/activate
deactivate

仮想環境の置き場所はどこでもいいけど、 ~/.venvs とか ~/.virtualenvs にしておけばツールに見つけてもらいやすい。 例えば vscode-python, reticulate, etc.

setuptools

パッケージ管理・作成の基本となるライブラリ。 コマンドラインツール easy_install はこれの一部として含まれているが、直接使うことはない。 (pip を使う)

See also “setuptools — Pythonパッケージ作成”

setuptools の改良版としてしばらく distribute も利用されていたが、 その成果が setuptools にマージされたので忘れていい。

関連書籍