Heavy Watal

プロセス管理 — nohup, disown, kill

実行中プロセスを知る

/Applications/Utilities/Activity Monitor.app を見るのが楽チン。

ps

OSによって挙動がかなり異なるのでややこしいが、 LinuxのほうがいくらかBSDに歩み寄ってくれているらしい。 とりあえず全プロセスを表示するオプション ax とカラムをたくさん表示するオプション u をつけて lessgrep に流すのが基本。

ソートの仕方は共通ではない。 出力形式の調整は共通の o オプション。

% ps aux | less

## Sort on Mac
% ps auxm | head  # by Memory
% ps auxr | head  # by CPU

## Sort on Linux
% ps auxk -pmem | head  # by Memory
% ps auxk -pcpu | head  # by CPU

## Output format
% ps axo user,pid,pcpu,pmem,command

top

一度表示して終わりではなく、q で閉じるまで一定間隔で更新される。 起動してからソート項目を切り替えられる。 プラスで昇順、マイナスで降順。

by Linux Mac
PID N o -pid
CPU P o -cpu
Memory M o -mem
Time T o -time

jobs

システム全体のプロセスが見える上記コマンドとは違い、 これで見えるのはそのシェルから実行したジョブだけ。 末尾に&をつけてバックグラウンドで走らせたジョブや、 ctrl-z でsuspendしたジョブを眺めるのに使う(下記)。

ジョブコントロール

何らかのプログラムを実行:

% top

ここで ctrl-z を押すと、プロセスはバックグラウンドで一時停止する:

[1]  + 19310 suspended  top

バックグラウンドのプロセスを確認するには jobs コマンド。 左からジョブ番号、カレントジョブか否か、状態、コマンド内容:

% jobs
[1]  + suspended  top

フォアグラウンドで再開するには fg コマンド。 引数としてジョブ番号かプログラム名をパーセントに続けて指定する (%1 とか %a.out とか)。 zsh なら補完もしてくれる。 引数を省略すると、jobs+ がついてるカレントジョブが選択される。 :

% fg %1
[1]  + 19310 continued  top

再び一時停止して、今度はバックグラウンドで再開する。コマンドは bg:

[1]  + 19310 suspended  top
% bg %top

始めからバックグラウンドで走らせるなら末尾にアンド:

% top &

中止させるには kill コマンドで SIGTERM シグナルを送る。 指定するのはジョブ番号でも生のプロセスIDでもよい。 それでも応答しないやつを強制終了するには -9 オプションをつけて SIGKILL を送るのが最後の手段。 killall は指定した文字列と前方一致するプロセスを すべて kill するショートカット。

% kill %1
% kill -9 %a.out
% kill 19310
% killall a.out

ログアウト後も継続

バックグラウンドで実行中のプロセスも、 ログアウトするとhangup(HUP)シグナルによって終了してしまう。 これを無視して実行し続けるようにプログラムを起動するのが nohup。 バックグランド化までは面倒見てくれないので末尾の & を忘れずに:

% nohup COMMAND [ARGUMENTS] &

標準出力と標準エラー出力は指定しなければ nohup.out または ~/nohup.out に追記モードでリダイレクトされる。

% nohup COMMAND >out.log 2>err.log &

ssh 接続先のサーバーで nohup ジョブを走らせるときは 標準入出力をすべて切っておかないと期待通りにsshを抜けられない:

% nohup COMMAND >/dev/null 2>&1 </dev/null &

うっかり普通に開始してしまったプロセスを後から nohup 状態にするには、 一時停止して、バックグラウンドで再開して、disown に渡す:

% ./a.out  # control + z
[1]  + 19310 suspended  a.out
% bg %1
[1]  + 19310 continued  a.out
% disown %1

See tmux

nohup, disown がプロセス単位で切り離すのに対して、 tmux は端末セッション丸ごと切り離し&復帰することができる。

関連書籍