Heavy Watal

Pythonインストール

標準・公式

MacやLinuxならシステムの一部として /usr/bin/python が既にインストールされているので、 何もしなくても使えっちゃ使える。 でも大概そこに入ってるのは古い2.7とかなので、 ちゃんと使える3.xを使いたければ python.jp/環境構築ガイド に従って最新版を入れるのが簡単。

pyenv

管理者権限なしでホーム以下にインストールするには pyenv が便利。

  1. HomebrewGit を使ってpyenvをインストール:

    brew install pyenv
    # or
    git clone https://github.com/pyenv/pyenv.git ~/.pyenv
    mkdir -p ~/.pyenv/cache
    
  2. Pythonのインストール先を決める環境変数 PYENV_ROOT を公式推奨の ~/.pyenv に設定し、 ついでにPATHも追加しておく。 シェルの設定ファイル (e.g., ~/.bashrc) に次のように追記:

    export PYENV_ROOT=${HOME}/.pyenv
    if [ -d $PYENV_ROOT ]; then
        pyenv_versions=($(ls ${PYENV_ROOT}/versions | sort -V))
        export PYENV_LATEST=${PYENV_ROOT}/versions/${pyenv_versions[@]: -1}
        PATH=${PYENV_LATEST}/bin:$PATH
        unset pyenv_versions
    fi
    

    pyenv shellpyenv local を使ってPythonのバージョンを頻繁に切り替える場合は、 公式の説明どおりに eval "$(pyenv init --path)"eval "$(pyenv init -)" を設定してshimsを使う方法のほうがいいかもしれないけど、 そうでなければこのようにPATHだけ設定するほうが単純で、 起動時間も短くなる。

  3. シェルを再起動して設定を反映し、 目当てのバージョンを探してインストール:

    exec $SHELL -l
    pyenv install -l | less
    pyenv install 3.10.4
    exec $SHELL -l
    

    R から reticulate 越しに呼ぶ場合は共有ライブラリを有効にしてビルドする:

    env PYTHON_CONFIGURE_OPTS="--enable-shared" pyenv install 3.7.13
    # or
    Rscript -e 'reticulate::install_python("3.7.13")'
    
  4. pip のパスを確認し、パッケージを入れる:

    which pip3
    pip3 install -U setuptools pip wheel
    pip3 install -r /path/to/requirements.txt
    

    よく使うパッケージは requirements.txt の形でまとめておくと楽。

既知の問題

Anaconda

Scientificな用途で使いたい場合は Numpy/Scipy などの主要パッケージもまとめて面倒みてくれる Anaconda を使うという選択肢もある。 私は使わない。 GUIのインストーラでもいいし、Homebrewでも入れられる:

brew install anaconda
export PATH=/usr/local/anaconda3/bin:"$PATH"

ただしPATH上でシステムコマンドを上書きしちゃうヤンチャな面もあるので、 それが気になる人はpyenv越しに入れることで汚染をある程度防げる。 全部入りに抵抗がある場合は pyenv install miniconda3-latest から小さくスタートすることも可能。 パッケージ管理では pip の代わりに非公式の conda を使うことになる。

環境変数

https://docs.python.org/3/using/cmdline.html#environment-variables

シェルの設定ファイル(~/.zshrc とか)で export しておく。 一時的に無効したいときは python -E で起動。

PYTHONPATH

import の探索パス (sys.path) の先頭付近に場所を追加できる。 例えば自分で書いたモジュールやパッケージの置き場所を指定しておけば、 いつでも優先的に import できるようになる。

PYTHONUSERBASE

pip installsetup.py install における --user オプションの目的地を指定できる。 デフォルトでは ${HOME}/.local 。 MacのFramework buildでは ${HOME}/Library/Python/2.7 とかになる。

現在の設定は siteUSER_BASE で確認できる (python -m site)。 USER_SITE はその下の {BASE}/lib/python*.*/site-packages に配置され、 sys.path に含まれる。 除外したいときは PYTHONNOUSERSITE をセットするか python -s で起動。

PYTHONSTARTUP

インタラクティブモードで起動するときに読み込むファイルを指定できる。

関連書籍