Heavy Watal

Linux日本語環境

なんとなく、日本語Remix版のUbuntuをインストールするのではなく、 英語版Ubuntuに必要な日本語パッケージを導入するという形にしている。

Google日本語入力

  1. Japanese packages for testers のPPAリポジトリを追加してパッケージリストを更新:

    % sudo add-apt-repository ppa:japanese-testers/ppa
    % sudo apt-get update
    
  2. Synapticあるいはコマンドラインから`ibus-mozc`とその依存パッケージをインストール:

    % sudo apt-get -u install ibus-mozc
    

    もしくは Language Support を起動して Install / Remove Languages... --> Japanese にチェックして Apply。 Keyboard input method system --> ibus

  3. 一旦ログアウトなどしてiBusを再起動

  4. Keyboard Input Method (IBus Preferences) を起動して Input Method --> Select --> Japanese --> Mozc

ここまででとりあえず使える。次に「ことえり」ライクなキーバインドに設定する。

  1. 言語バー右端の星の隣の 設定ボタン --> Property --> Keymap style --> Custom keymap --> Customize...
  2. Edit --> Import predefined mapping --> Kotoeri
  3. Edit --> Export to file... で適当な名前で保存
  4. そのファイルをテキストエディタで開き、以下の2行(タブ区切り)を追加:

    DirectInput Henkan  IMEOn
    Precomposition  MuHenkan    IMEOff
    
  5. Edit > Import from file... で今書き換えたファイルを指定

  6. 変換キーで日本語モード、無変換キーで半角英数モードに切り替えられる。