Heavy Watal

nano — ターミナルで動く軽量テキストエディタ

http://www.nano-editor.org/

emacsviほど高機能ではないけど敷居が低い。

Usage

ターミナルから起動:

% nano

下の方に保存や終了のコマンドが書いてあるので emacs や vi のように迷うことは無い。

Installation

Linux にも Mac にも最初からインストールされている。

ただMac付属の /usr/bin/nano は古いし 色設定ファイルも含まれていないので パッケージマネージャーで新しいのを入れる。 cf. /mac/homebrew :

% brew install nano

コンパイルオプションを確認してみる:

(Mac)% /usr/bin/nano -V
 GNU nano version 2.0.6 (compiled 20:02:10, Jun 24 2011)
 Email: nano@nano-editor.org    Web: http://www.nano-editor.org/
 Compiled options: --disable-nls --enable-color --enable-extra --enable-multibuffer --enable-nanorc --enable-utf8

(Mac)% nano -V
 GNU nano version 2.2.6 (compiled 19:50:42, Jun 14 2012)
 (C) 1999, 2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2005, 2006, 2007,
 2008, 2009 Free Software Foundation, Inc.
 Email: nano@nano-editor.org    Web: http://www.nano-editor.org/
 Compiled options: --disable-nls --enable-color --enable-extra --enable-multibuffer --enable-nanorc --enable-utf8

Configuration

各種設定は ~/.nanorc ファイルで。

Linuxでは /usr/share/doc/nano/examples/nanors.samples/etc/nanorc を自分のホームにコピーして編集する:

% cp /etc/nanorc ~/.dotfiles/.nanorc
% ln -s .dotfiles/.nanorc ~/
% nano ~/.nanorc

Macの homebrew によるインストールでは生成されない? :

brew list nano

最新のソースコードからビルドして生成される nanorc.sample を参考にするのがよさそう。

Syntax highlight

https://github.com/scopatz/nanorc

有志によってメンテされている定義ファイルを利用する:

% git clone https://github.com/scopatz/nanorc.git ~/.nano

~/.nanorc でワイルドカード指定:

include "~/.nano/*.nanorc"